昔入れていたカード考察(ユウシ編)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

11月24日の「昔入れていたカード考察」に書き足していたのですが、ユウシ1枚でその記事の総文字数を超えてしまった為、新しく投稿します。

・「暗炎星-ユウシ」

禁じられた聖槍と相性抜群のカードで奈落、激流葬、強制脱出装置、ミラーフォース、エフェクトヴェーラーなどの妨害を先陣を切って踏んでくれるカードでした。

聖槍で行き残れば大体1つ目の炎舞をサーチする効果が通るので、天キサーチからのカウストを補充し、次のターンも生き残ったり、相手の場にモンスターがいれば2つ目の効果で除去します。自身も獣戦士族であるため、天キでサーチ可能。

今はライオウが先陣を切る役割をしてくれていますが、ユウシにはかなりお世話になっていて収録されてから影霊衣環境まで使用していました。

このように単体で機能するカードをどんどんデッキに入れたいのですが、召喚権の関係などで今は入れていません(効果自体はかなり優秀だと思います)。

環境のモンスターの展開力と速度が上がり、例えユウシのみを召喚して、サーチ効果と除去効果が通っても、次ターンには同じような数のモンスターを展開されてしまったり、やはりユウシだけでは除去が足りず相手のモンスターが残ってしまったりと、AFやライオウなどで相手の初動を止めなければ追い付かなくなってしまいました。

[ad#co-1]

体感で遅いと思い外していましたが、こうして抜いた理由を言語化してみると「炎舞-天枢」などで召喚権の問題さえ解決できれば、また入る……? 微妙なところなので今度試してみます。その為にはサーチ手段である「炎舞-天キ」の枚数を増やさないといけないですね。

※以下備忘録として思考の起こし方をメモします。

天キ→ユウシサーチNS→ユウシ除去効果→ダメージ→ユウシサーチ効果→天枢サーチ→天枢効果で手札のカウストNS→エクシーズ。

または、天枢効果ユウシNS→ユウシ除去効果→ダメージ→ユウシサーチ効果→天キサーチ→天キ効果でカウストサーチ後にNS→エクシーズ。

最初に手札に「カウストと天キ」or「ユウシと天枢or天キ」を握っているパターンで尚且つ、メイン2にカウストとユウシで作る利点のあるランク4のエクシーズ(制圧力があるのが望ましい)……。

候補列挙(現在のエクストラに入れていないカードを主に挙げています):暗遷士 カンゴルゴーム(保留:相手による)、魁炎星王-ソウコ(不可:獣戦士でしか作れず限定的な為)、外神ナイアルラ(保留:次の自ターンにアザトートに繋がるが目下の相手ターン棒立ち)、 恐牙狼 ダイヤウルフ(保留:相手の場に何もない場合は意味がない為)、キングレムリン(不可:デッキに無理なく入る汎用性のあるサーチ先があれば可)、No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ(保留:構築次第)、No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド(保留:攻守が気になります)、No.80 狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク(不可:墓地リソースを必要としない相手もいる為)、No.82 ハートランドラコ(不可)、フレシアの蟲惑魔(……!)

[ad#co-1]

上記の流れでエクシーズまで持って行って、相手ターンに制圧力のあるモンスターからいくと、「落とし穴」系を入れてフレシアの運用がこの中では可能性がありそうな気がしました。この流れでは除去効果とダメージ後のサーチ効果が通ることが最低条件となってしまっています。モンスターが残る場合やダメージまで行かない場合、炎舞を引かずにユウシを単体で保持している場合や上記の試行が起こりうる確率など、まだまだ煮詰める要素はありますね。

何年も同じデッキを使っているくせに同じ構築で回していると飽きるので、ころころ構築を変えますが、このお陰で同じデッキをずっと使っていられるのかもしれません。そういう意味では、時々メインかエクストラに入りそうなカードが収録されるだけまだ良いのかなとも思います。

余談ですが、ユウシを使って1番印象に残っている試合は、アビスCSの1回戦でD.Sさんと対戦した時の1セット目、ユウシの攻撃を通す為に、禁じられた聖槍2枚とサイクロン、最後は神の宣告を使って無理やり通した試合です。思えばこの頃から、出場するCSでそのCSで入賞する方と一回戦でよく当たります^^; 逆ストで負けましたがマッチを通して、未だによく覚えている試合なのでしたw

1枚のカードに対して長く書いてしまいましたが、こうしてカード1枚1枚について考えるのも楽しいですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク