【遊戯王 カード考察】『Charming Resort Staff』考察

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

「SPYRAL」シリーズ考察、第6弾。

そろそろ「SPYRAL」系のモンスターも今回で紹介し尽くしたでしょうか?

今回の考察カードは海外版インベイジョンベノムに収録の『Charming Resort Staff』です。

それではさっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

『Charming Resort Staff』考察

『Charming Resort Staff』効果モンスター
星3/光属性/天使族/攻 300/守 200
(1):自分の「SPYRAL Super Agent」が相手モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
その相手のモンスターの攻撃力を0にする。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「SPYRAL Super Agent」1体を特殊召喚する。
(3):自分フィールドの「SPYRAL Super Agent」が戦闘で破壊された場合、
または墓地へ送られた場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分の墓地から「SPYRAL Super Agent」1体を選んで手札に加える。

『SPYGAL Misty』と同じように名前に「SPYRAL」が入っていないため、「SPYRAL」系の効果には対応していません。しかし、効果に名称縛りのターン1制限がないため、何度で効果が使用できます。

『Charming Resort Staff』効果①

攻撃宣言時に相手モンスターの攻撃力を0にする効果なので、ダメージステップに使用できるオネストとは違い月の書などでかわされることもありますが、1900打点の「SPYRAL Super Agent」をカバーするのに強力な効果だと思います。

また、「SPYRAL Super Agent」の他に「No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ」がいると効果で破壊して1枚ドローができますねb

《No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ》エクシーズ・効果モンスター
ランク4/水属性/天使族/攻2400/守1200
レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、
相手フィールド上に表側攻撃表示で存在する、
元々の攻撃力と異なる攻撃力を持つモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターを破壊し、デッキからカードを1枚ドローする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

そして、『SPYRAL GEAR – Drone』の効果で攻撃力を上げると低打点が多い「SPYRAL」でもさらにダメージが稼げます。

『Charming Resort Staff』効果②

『Charming Resort Staff』が戦闘・効果で破壊された場合にデッキから「SPYRAL Super Agent」を特殊召喚する効果。

フィールド以外の手札やデッキで破壊されても効果が発動するため、《連鎖破壊》で複数破壊して複数効果を発動することが可能です。

《連鎖破壊》通常罠
(1):攻撃力2000以下のモンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、
その表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その表側表示モンスターのコントローラーの手札・デッキから
対象のモンスターの同名カードを全て破壊する。

手札での破壊にも対応しているので、最近のカードだと《ドラゴニックD》などもよさそうです。

《真竜剣皇マスターP》を手札に食らえるだけでなく『Charming Resort Staff』の破壊された時の効果で「SPYRAL Super Agent」をデッキから特殊召喚してリリース要員も確保できるので相性は良さそうですね。

十二獣なども入れて、開局スタートすると十二獣のおなじみの展開+《真竜剣皇マスターP》(モンスター効果・魔法耐性付与)+「SPYRAL Super Agent」〜などの布陣もあるかも!?

(《ドラゴニックD》と《真竜剣皇マスターP》は汎用性が高いですね…w)

《ドラゴニックD》フィールド魔法
(1):フィールドの「真竜」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
アドバンス召喚した「真竜」モンスターはそれぞれ1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。
(3):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
このカード以外の自分の手札・フィールドのカード1枚を選んで破壊し、
デッキから「真竜」カード1枚を手札に加える。

《真竜剣皇マスターP》効果モンスター
星8/光属性/幻竜族/攻2950/守2950
このカードを表側表示でアドバンス召喚する場合、
モンスターの代わりに自分フィールドの永続魔法・永続罠カードをリリースできる。
(1):このカードは、このカードのアドバンス召喚のためにリリースしたカードと
元々の種類(モンスター・魔法・罠)が同じカードの効果を受けない。
(2):アドバンス召喚したこのカードが存在する場合、
1ターンに1度、自分の墓地の永続魔法・永続罠カードを1枚除外し、
このカード以外のフィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

『Charming Resort Staff』効果③

自分の場の「SPYRAL Super Agent」が戦闘破壊された場合か、墓地へ送られた場合に墓地の『Charming Resort Staff』を除外して、自分の墓地から「SPYRAL Super Agent」1体を選んで手札に加える効果。

「SPYRAL Super Agent」はランダム性はありますが、手札から自身をSSする効果を持っているので再利用することが可能になります。

そして、「墓地へ送られた場合」なので「SPYRAL Super Agent」がシンクロ素材で墓地に送られてもタイミングを逃すこと無く効果を発動して「SPYRAL Super Agent」を回収することが出来ます。

効果②の方で出てきた《真竜剣皇マスターP》を出す際に、『Charming Resort Staff』の(2)の効果で「SPYRAL Super Agent」を墓地に送っても、今度は(3)の効果で「SPYRAL Super Agent」を手札に回収することで、最後「SPYRAL Super Agent」を場に出せる可能性が生まれます。

『Charming Resort Staff』効果まとめ

『SPYGAL Misty』と同様に「SPYRAL」の優秀なサポートカードになってくると思います。

ただ、やはり名前に「SPYRAL」がないので構築の際の枚数の調整が重要です。

攻撃力が低いので直接戦闘には参加できませんが、手札での効果。そして、墓地で「SPYRAL Super Agent」をサポートする効果は優秀だと思います。

複数の効果を持ち、タイミングも逃さなかったりとどんどん単体のカードが強くなっていきますねb

そろそろ「SPYRAL」のデッキを組みたくなってきました(ΦωΦ)フフフ…

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございましたφ(^ー^)ノ

関連記事

【遊戯王 カード考察】『SPYRAL Super Agent』考察

【遊戯王 カード考察】『SPYRAL Quik-Fix』考察

【遊戯王 カード考察】『SPYRAL GEAR – Drone』考察

【遊戯王 カード考察】『SPYRAL Master Plan』考察

【遊戯王 カード考察】『SPYGAL Misty』考察

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. ぼーの より:

    このカードを見た時に、名前縛りがないのが気になりましたが、その分効果を複数回使えるカードというカードなんですね。
    サポート要素が高いので、どう活躍するか見てみたいです。

    • フルハ より:

      >>ぼーのさん

      僕も始めてみた時「あれ?」となりましたw
      「SPYRAL」と付いていないのが調整されている感じがしますねb
      考察記事を書いているうちにさらに楽しみのテーマになりましたw
      コメントありがとうございましたφ(^ー^)ノ