【遊戯王コラム】「手を繋ぐ決闘者達」第8回『AF帝』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは、フルハです。
今回の紹介決闘者はパワー系デュエリストの「マリア」(@kenlyna)さんです。

————————————————————————
このページからご覧になった方はこちらもご覧ください。
     「手を繋ぐ決闘者達」第0回
   この企画の趣旨が書いています。
————————————————————————-

スポンサーリンク

紹介YP「マリア」さん

マリアさんと初めてお会いしたのは、カードショップアビスさん主催のアビスCSの景品ジャンケンの時でした。(ちなみに負けました…)

CSで活躍されるだけでなく、ジャッジとして運営に携わり地元YP環境の活性化にも余念がありません。

それではマリアさん、よろしくお願いしますm(_ _)m

f8d613f14e1db29a1d57e3d11cd28a83_400x400

遊戯王歴と最初に使っていたデッキは?

ーそれでは、遊戯王歴はどれくらいでしょうか?

初めて遊戯王カードに触れたのは小学生のころで、父が東京出張のお土産でスターターセット(?)のスターチップとか電卓とかが入ったのを買ってきてくれたのが最初です。ゲームとして始めたのはファントムダークネスの辺りからなんですが、途中高校時代は引退していたので実際6年ぐらいですね。

ー最初に使っていたデッキは何を使っていました?

最初に使ったのは中学時代の友人に勧められるがままストラク3つとガイド3冊で組んだ【パキケガジェ】が最初ですね。
「なんだこのパキケファロとかいう骨wwwww超つえーwwww」というのが最初の感想ですね。
復帰したのは大学一年でその時は【融合HERO】で復帰しましたね。

デッキレシピ:

第一回JGPで使用した【AF帝】です。

AF帝(メイン)

AF帝(エクストラ)

AF帝(サイド)

戦績:2-2-0

ストラクが出てから台頭したABCに対しメインから優位を取ることができ、増殖するGにも強く、かつ回ればデッキパワーの高さで他を圧倒できる【帝】を選択しました。

採用カードについて

・AFセット
真帝王領域が制限になり制圧能力が低下してしまった【帝】の制圧力を他で補うために採用しました。

最初は虚無魔人を採用した【虚無帝】を使う予定だったのですが、汎神が制限の今、虚無魔人を素引きしなければいけないという点がどうしても自分には不安に映り、帝とは切っても切れない「事故」を起こした時でもある程度ごまかせ、真源の帝王とも相性がいいAFを採用するに至りました。

・簡易融合
真源やAFとの相性が良いパンツァードラゴン。単体除去もこなし、最近流行りのABCに対して使うことでリリースを二体確保できるサウサク。この二枚を出せるだけでなく初動におけるリリース要員にもできるということで作用しました。

・ベガルタの不在
AFを使用した人なら気が付いたと思いますがベガルタがいません。このデッキではベガルタの役割をクライスが担っています。連撃もしくはアイテール効果から登場し自身の効果でAFを割りドローしてデッキを回転させる。シンプルでありながら非常に強力な展開です。
また、素引きした時の弱さが非常に目立ち、ただでさえ事故が起こりやすい【帝】というデッキで余計なストレスに悩まされたくないというのも不採用理由の一つです。

プレイングについて

ープレイングについてお聞きします。何か決まった動きやよくやる動きなどはありますか?

基本的な動きは【帝】と変わらず、相手ターンにアイテールをアドバンス召喚することを狙います。ここに烈旋をからめれば有名な烈旋アイテールになります。

さらにプラスしてAFを素引きしていれば、クライスAFで相手を妨害したうえでドロー加速しアドバンテージ差を大きくつけることができます。

相手エンドに真源をSSして自分のターンでAF真源からゼンマイオーを出して、伏せをはがしてそのままキルに向かえるのも大きな強みですね。

デッキを作る上で気をつけていることは?

ーデッキを作る上で気をつけていることはありますか?

とにかく事故とお付き合いしなければならないデッキなので、なるべく事故の起きにくい構築を目指しました。特に帝王魔法罠だけを引いてお亡くなりになるのは嫌だったので必要最低限の枚数のみにしました、それでも14枚になってしまいましたが。

それから他の使ってきたデッキにも言えるのですがサイドチェンジする枚数をあまり多くならないように気を付けています。
サイドカードはメタを張るもので特定のデッキに対しては強く、たくさん積みたくなってしまいますが積み過ぎて本来の動きができなくなったり鈍ってしまったりしたら本末転倒なので。

デッキの良いところを3つあげるとしたら?

ー帝の良いところを3つ上げるとしたら何をあげますか?

1:デッキパワーがとにかく高いのでゴリラできる!

2:上級、大型をたくさん並べるので豪快で使っていて楽しい!

3:エクストラが使えるようになってサブウェポンの幅が広い!

この3つです!

デッキの弱点は?

ー帝のすばり弱点は何でしょうか?

幽鬼うさぎと事故ですね。幽鬼うさぎはイデアエイドス領域アドバンス体開岩どれに当てられても痛いです。

事故は【帝】というデッキタイプの性質上、アドバンス要員+リリース要員を同時にひかなければならないのと、事故要因ともなる帝王魔法罠をある程度積まなければならないので、まあ致し方ないとは思います。

事故は起こるものなんです。

帝デッキを使うに至った経緯

ーどうして帝を使うようになったのですか?

帝ストラクが出た環境時は【EMEm】を使っていたのですが、やることが単調になりがちで他のデッキも触ってみたいと思い、ちょうど北海道遠征していた時に知った【0帝】を使ってみようと思ったのが最初です。

秋田に帰ってきてから適当にあけたパックから怨邪帝ガイウスが出てくれたのもあって、奇妙な縁を感じて変な愛着もわいてしまいましたwww

回し始めたころは事故の多さに辟易してましたが、回った際の圧倒的なデッキとしての制圧力、2800打点を軽々投げられ、烈旋の「対象を取らないリリース」という最強の除去を使いまわせる点にハマってしまい、以降【EMEm】ではなく【0帝】でCSに参加しました。

初めてCSで結果を出せたのは?

ー初めてCSで結果を出せたのはいつごろですか?

初めて参加したチーム戦でのCSである第5回秋田CSです。
当初は【ギアギアカラクリ】が【墓守】で出ようと思っていたのですが、唐突に【ゼンマイ】を回したくなり、チームメイトであるサイヤとカリウムに頭を下げてパーツ集めを手伝ってもらいましたwwww

それから一週間みっちり【ゼンマイ】の動きを頭に叩き込んで臨みました。
その結果、予選個人3-1、チーム3-1で3位通過できました。
ですが決勝トーナメント一回戦で敢え無く敗退してしまいました(泣)。

今後出て欲しいカードは?


ー帝でこういうカードが出れば良いなというのはありますか?

帝王を手札からデッキに戻してドローするような帝王魔法がほしいです(切実)。
汎神を返してくれるだけでもいいんです(泣)。

今後に使ってみたいデッキは?

ー他に今後使ってみたいデッキはありますか?

新弾で出た水晶機巧≪クリストロン≫はすごく使ってみたくて作りました。
今までシンクロ主体のデッキは触ってこなかったので。

ー実際に作ってまわした感じはどうですか?

なんというか「お前らホントに9期テーマかよ!」って言いたくなるぐらい遅いデッキで、生まれてくる時代を間違えた感が半端じゃないです。
せめて両方の効果を1ターンのうちに使えれば…。

純構築で回してみたのですが、単体でのテーマ運用がほとんどできないなと感じました。
動画で見かけた【アンデクリストロン】はすごく計算されたデッキだなと思いました。
もともと【アンデシンクロ】というデッキが存在するくらいにはシンクロと相性がいいので、組み合わせやすいと思います。

ファラオの化身を見たときは「そういえばこんな奴いたな」と思うくらい影の薄いカードだったんですが、効果を見るとクオンと相性が抜群にいいんですよね。
クオン+化身で相手ターンにレベル7シンクロまで到達できる動きを見たときは感動しました。
パーツそろえてフリー用に組んでみたいと思ってます。

最近出た大会での環境についての考えは?


ー最近の環境についてお聞きします。最近出た大会環境ではどうですか?

いろんなデッキがひしめき合ういい環境だと思います、表面上は。

確かにいろんなデッキがいるんですけど、やっていることは結局「先攻制圧」とみんな同じで「使用しているカードが違うだけ」という風に映ってしまいます。結局帝もやっていることは同じなので他人のことは言えないんですけどね。

ただ、悪いことばかりでもなくて、ストラク3つ+αで組めるデッキが環境に上るようになって新規のユーザーが始めたり、離れていたユーザーが戻ってきたりしやすくなっているのは良いことだと思います。

結局遊戯王は対人ゲームで、相手がいないとできませんし、ゲームを進めるうえでコミュニケーションを取って新しい友人ができたりするのもこのゲームの魅力の一つだと思うので。ユーザーが増えること、人が戻ってくることはとても喜ばしいことだと思います。

対戦した試合の中で印象に残っている試合は?

ー今まで対戦した試合の中で印象に残っている試合はありますか?

仙台で行われた伊達CSの決勝トーナメント一回戦ですね、増殖するG+月の書+帰還+脱出+帰還で出てきたブラスターテンペストの上からワンキルを叩きこんだことですね。

前のターンに牙王を出すためだったかでインフルーエンスドラゴンを墓地に送っておいて、帰ってきたターンにスクドラをからめて伏せをはがしたうえで帰還を撃ってデブリドラゴンでインフルーエンスを釣りました。そして、征竜2体とシンクロで星態竜とトライデントドラギオンを叩きつけてブラスターテンペストを呼んで決めました。

もともとはファランクスを釣って鬼岩城を出すプランだったんですけど、身内の「毛玉」が「もっといいのがある」と紹介してくれたものなんです。
そこに竜魂の城をからめたパターンもあって、それは決勝トーナメント二回戦でやりました。
星態竜+3700トラドラ(三回攻撃)+ブラスターっていう盤面になりました。

これが他の方も仰っていた星態竜の試合ですね


観戦した試合の中で印象に残っている試合は?

ーでは観戦した試合の中で印象に残っている試合はありますか?

ルイナスさん対秋田のウメさんという方の武神ミラーですね。
とんでもない泥沼で見ているこっちもやりたくないと思ってしまうほどでした。

「パワー系デュエリスト」にまつわるエピソード?

ー「パワー系デュエリスト」にまつわるエピソードを教えて下さい。

対戦した試合の中で印象に残っている試合でもお話しした仙台で行われた伊達CSの決勝トーナメント一回戦がそうですね。

デブリインフルーエンストラドラ星態竜という魔法のことばで愉快な盤面がぽぽぽぽ~ん♪
やられた側はたまったものじゃないですね

最後に一言

ー最後に何か一言頂けますか?

二宮飛鳥はいいぞ!
二宮飛鳥
二宮飛鳥は最高だ!

フルハ:(遊戯王関係ないッ!!)

    マリアさん、今回は取材を受けて頂きありがとうございましたm(_ _)m
    それでは、次の紹介YPを指名して頂きたいのですが、どなたにしましょうか?

マリア:(あれ!?スルー!?)

     サイヤ(@EvSaiya)さんにお願いします。    

フルハ:(突っ込んだほうが良かったのだろうか…)

     ジェムナイトワンキルのサイヤさんですねb

マリア&フルハ:((どうしよう…))

ーー連絡中ーー

フルハ:了解頂けましたb

それでは、
第9回の「手を繋ぐ決闘者達」の紹介YPはジェムナイト使いの「サイヤ」さんです!

マリアさん、取材を受けて頂きありがとうございました。
先日の六遊祭での対戦時は負けて終わったので、次にお会いするときにはぜひリベンジ試合をさせて下さいm(_ _)m

それでは、次回もよろしくお願いします!

次回「手を繋ぐ決闘者達」Ver.サイヤ(@EvSaiya)さん

Coming Soon…

最後まで読んで頂きありがとうございました(^^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. ぼーの より:

    (二宮飛鳥が分からない!)←かわいいと思いますが(汗

    毎回、本当にそれぞれ異なるデッキを鍛え上げておられますよね。マリアさんの使う帝も参考になります。

    • フルハ より:

      ぼーのさん、コメントありがとうございます。
      アイマスのようです(僕も詳しくないです)←可愛いですよね!

      こうして振り返ると、恵まれた環境で遊戯王をやれていたのだと実感できます。
      結構使うデッキがバラけています(魔境秋田)
      マリアさんも喜んでいると思いますb