環境でまわしてみて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

いつも環境外で環境と対戦している立ち位置からの観点です。

遊戯王に復帰当初は、【甲虫装機】環境で次に【兎ラギア】、【炎星】、【水精鱗】、【ヴェルズ】、【征竜】、【魔導書】、【シャドール】、【E・HEROビート】、【テラナイト】、【クリフォート】、【影霊衣】の順番だったと思います。

水精鱗の辺りから、罠型征竜などもありましたが、モンスターで伏せを踏み越えてメインデッキに罠をあまり必要としないデッキが台頭してきました。

メタを張る側なので、相手のデッキのやりたいことが分かり、動きが同じようなデッキが多い環境だった時は、対策が取りやすかったですね。シャドールの時が一番きつかったです。

【影霊衣】環境の時は、とにかくサーチを封じる為にライオウ、手違い3積みでした。

では、EMEmや彼岸などが流行っている現在についてですが、今まではチェーンに乗る特殊召喚に増殖するGで手札を増やして返しに備えるというのが出来たのですが、今はチェーンに乗らないペンデュラム召喚の前に増殖するGを打つとそのまま動かれずにターンを渡されて、手数が少ない状態での運用というのが出てきます。

先行で、返せない布陣を敷かれてターンを渡され、後攻の手札で何もできないと、その時点でまだライフは8000あるのにもうそのセットは負けているという試合も増えてきて、ダークロウインフィニティが流行っている時に特にそうなることが多かったですねw そのままサレンダーして、2セット目に相手にこちらの情報がない状態で始めて3セット目にかけることもありました。

先行で固めつつ、尚且つ次の自分のターンに備えて手札を補充するという動きが増えていますね。

妨害に力を注ぎ過ぎると、もともと持久力があるデッキでもないので、すぐに息切れするので、相手のカードを無効化してもそのカードがそのまま場に残ってしまう、ヴェーラーは手札で複数握っていると辛い場面も多かったです。

[ad#co-1]

さて、昨日ユウシについて書きましたが、早速入れて回してみました。

当初は、ユウシ1枚、天キ2枚、天枢1枚とあとは、フレシアと時空の落とし穴1枚、狡猾な落とし穴1枚で回していたのですが、あくまでギミックの一つとして見た方が良いのではと思い、天キを1枚にして、狡猾の落とし穴は結構罠を使うので、発動機会があまりないのと素引きが辛いので、代わりに奈落の落とし穴を1枚に代えました。

まだ彼岸とはやれていないのですが、EMEm戦では、先行で2~3伏せで凌いだり、こちらの展開力がないと看破されるや場を開けたり、残ったモンスターを残したりと、次のターンに備える動きをされたので、ユウシの攻撃が割と通る場面が多かったです。そして、そのまま先日の動きでフレシアまで繋げます。

あとは、カウスト2枚で困る時に天枢があると改善されたり、感触としては悪くなかったと思います。(天枢が腐る場面も勿論ありました)

枠が1枚空いて、エクシーズにも獣戦士がいるし少し獣戦士に傾倒するかと思い、幻獣の角を投入して、効果を良く見ていなくてペンデュラムモンスターを攻撃してドロー出来ない事実に赤っ恥も書きましたが、僕は元気です(爆)

[ad#co-1]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク