【遊戯王 カード考察】『妖精伝姫-シラユキ』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

前回に引き続き、今回も妖精伝姫シリーズの考察です。

妖精伝姫で1番最初に出たカード、妖精伝姫-シラユキについてです。

スポンサーリンク

『妖精伝姫-シラユキ』考察

効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1850/守1000
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
自分の手札・フィールド・墓地からこのカード以外のカード7枚を除外して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

シラユキ効果①

通常召喚、特殊召喚時に相手限定で発動できる月の書です。

これだけ見ると一見普通の効果に見えます。

似たような効果でスリピットモンスターの「月読命」がいます。

スピリット
星4/闇属性/魔法使い族/攻1100/守1400

このカードは特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚・リバースした場合、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動する。
そのモンスターを裏側守備表示にする。
(2):このカードが召喚・リバースしたターンのエンドフェイズに発動する。
このカードを持ち主の手札に戻す。

シラユキ効果②

そして、こちらの自信を墓地から特殊召喚する効果。

「ターン1制限がない」だけでなく、「この効果は相手ターンでも発動できる」というかなり自由度が高い効果です。

以前、このカードが出始めの時は、「中盤以降に活躍しそうなカード」と考察しましたが、最近では墓地に送る手段が増えて、序盤でも使われる場面が多く感じます。

ブリリアント・フュージョンを使ってデッキから直接墓地に送るのことができるので、ブリリアント・フュージョンとセットで出張されたりもします。

シラユキ 全体考察

先日、新たな妖精伝姫である「カグヤ」が登場して変わった点といえば、カグヤのサーチ効果によって手札に加えやすくなったという点です。

デッキから墓地に送る手段は、出張パーツとして認知されるようになったブリリアント・フュージョンの他に、隣の芝刈りなどの新しいカードや、十二獣によって作りやすくなった「武神帝-カグツチ」など幾つかあります。

手札に加えやすくなったシラユキを有効に使おうを考えた時、当初は手札から特殊召喚する方法で考えていましたが、どのカードも通常召喚権を増やす「二重召喚」の効果を超えられません。

しかし、なるべくシラユキには召喚権を使いたくありません。

そこで、考えたのがシラユキの②の「墓地から特殊召喚できる」効果を使っての特集召喚するために手札から墓地に落とすという手段です。

『「妖精伝姫-カグヤ」の記事』で書いたカグヤでサーチしたシラユキを命削りの宝札で墓地に落とすようなカードだったら少しは使いやすくなるのはないかなと考えました。

以下、墓地に落とす手段として考えたものです。

・命削りの宝札でエンドフェイズに墓地へ

・ツインツイスターのコスト

・召魔装着のコスト(デッキ内に魔装戦士が必要)

・真竜皇アグニマズドVの効果で破壊(1体は炎属性が必要)

・真竜皇バハルストスFの効果で破壊(1体は水属性が必要)

・真竜皇リトスアジムDの効果で破壊(1体は土属性が必要)

・真竜凰マリアムネの効果で破壊(1体は風属性が必要)

・ドラゴニックDの効果で破壊(デッキ内に「真竜」カードが必要)

最後に

現在4体の「妖精伝姫」が出ていますが、「妖精伝姫」のデッキとして組む場合も出張させる場合もシラユキは優秀なカードだと思います。

ノーレアなので集めにくいので値段も上がっていますが、カグヤとセットで確保しておきたいところです。それでは、最後まで読んで頂きありがとうございましたφ(^ー^)ノ

関連記事

【遊戯王 カード考察】『妖精伝姫-カグヤ』

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. きょいち より:

    登場当時、7枚除外という小人ネタを持ちつつもえげつない妨害能力を持つカードとして注目していましたが、十二カグツチや芝刈り以降一気に爆発しましたね。不知火との相性もよかったものの、まさか全てを統合する超強力な墓地肥しが出るとは予想してませんでしたw

    レベル4・妨害能力あり・ターン1制限無しと、非常に強力なカードだと思います。
    場のモンスター枠を除外で開けつつ、6度目の攻撃ができるのも中々に怖いです。

    • フルハ より:

      >>きょいちさん

      単体でもかなり強いカードなのに、まさかこれほどまでに相性が良いカードが出るとはびっくりでしたね。
      場を開けて更に攻撃ができるのは決まると気持ちいです(^^)
      コメントありがとうございましたφ(^ー^)ノ

  2. りゅうきち より:

    シラユキを捨てる手段として《銀河戦士》とかどうでしょう
    もし《サイバードラゴン・インフィニティ》を立てることが出来れば
    インフィ、カグヤ、シラユキの最強盤面ががが

    • フルハ より:

      >>りゅうきちさん

      なるほど!
      面白そうな盤面になりますね!
      早速構築を考えてみます(`・ω・´)ゞ
      コメントありがとうございましたφ(^ー^)ノ

      • りゅうきち より:

        カグヤの入る枠がなくなっちゃうかもしれないですけどオススメはライロシラユキ銀河ですね。

        落ちたバルブorジェットロンを蘇生(コストにシラユキでも良き)
        墓地の魔法罠を全て除外してシラユキ蘇生
        シンクロ→ムサシ
        ムサシ効果で墓地の銀河戦士回収
        シラユキで魔法罠を除外してるのでデメリットがなく、そのまま銀河戦士をSS可能
        銀河戦士とムサシでインフィ
        みたいな全てが噛み合う気持ち良さがありますよ。
        サーチした銀河戦士が余るので次のターンもインフィ狙える。
        EXの枠が足りない?知ら管

        長文失礼しました。

        • フルハ より:

          >>りゅうきちさん

          ご丁寧にありがとうございます♪
          罠を除外してムサシの効果を使えるようにするの凄い面白い動きですね!
          試したくなりました!

          後ほど構築したいとおもいますのでよろしくお願いしますm(_ _)m
          コメントありがとうございましたφ(^ー^)ノ

  3. ぼーの より:

    おはようございます。
    もうとにかく強い子という印象しかないですね。この1枚で勝ち負けを左右するような印象です。
    希望皇龍ホープドラグーンに対して②を連打され、①の効果で裏向きにされてしまうという、突破をされた事があります。

    • フルハ より:

      >>ぼーのさん

      おはようございます。
      ほぼ好きなタイミングで使えるだけでなく、メインデッキの下級モンスターであるという点も評価高いですよね。

      希望皇龍ホープドラグーン涙目(´;ω;`)
      コメントありがとうございましたφ(^ー^)ノ

  4. マイジャー より:

    同一チェーン上でSS効果を複数使えるのも凄いよシラユキちゃん

    芝刈りしてガンドラクロスされたあと、墓地除外されまくってガンドラクロスの打点超パンプされたのはいい思い出

    • フルハ より:

      >>マイジャーさん

      同一チェーンの記載がなかったですね。ありがとうございます。
      少なくとも2100の攻撃力が約束されているわけですね!
      シラユキを2回SSしただけで、攻撃力が4100に…。

      シラユキ…、恐ろしい子!