【遊戯王 カード考察】『妖精伝姫-ターリア』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

今回も妖精伝姫シリーズの考察です。

第3弾は「インベイジョン・オブ・ヴェノム」収録の「妖精伝姫-ターリア」です。

スポンサーリンク



「妖精伝姫-ターリア」考察

妖精伝姫ターリア

リバース・効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1850/守1000

「妖精伝姫-ターリア」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。
手札からモンスター1体を特殊召喚する。
(2):相手が通常魔法・通常罠カードを発動した時、このカード以外の自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
その効果は「相手フィールドの表側表示モンスター1体を選んで裏側守備表示にする」となる。

ターリア効果①

リバース効果であるため一拍おく必要がありますが、特殊召喚できるモンスターに制限はありません。

一応この効果で手札に来た『妖精伝姫-シラユキ』を特殊召喚することが可能です。
(ただ、一拍置かなくてはいけません)

ただ、特殊召喚できるモンスターのレベルに制限がないので、スケールの関係でペンデュラム召喚がしにくいレベル8以上のモンスターも特殊召喚できるという可能性も秘めています。

また、戦闘中にリバースした場合はダメージステップ中なので、召喚成功時のタイミングで発動できる「奈落の落とし穴」や「激流葬」を発動できず、安全に特殊召喚可能です。

実際にデッキに入れて回していましたが、「ターリアの攻撃力と守備力が逆だったら…」と何度思ったことか(笑)

ターリア効果②

もう1体のモンスターが必要ですが、通常魔法と通常罠の効果を書き換える効果はタイミングを選ぶ効果です。

個人的には、この効果のように時折「相手に判断を委ねる効果」が好きだったりします。
時々ですが、相手が判断を誤って活路が見えてくる場合があるからです。

同じような理由で、同じく相手の「通常魔法と通常罠の効果を書き換える効果」を持つ『アーティファクト-デュランダル』も好きなカードの1枚です。

『アーティファクト・デュランダル』
X効果/星5/光属性/天使族/攻2400/守2100
レベル5モンスター×2
1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。
この効果は相手ターンでも発動できる。
●フィールド上でモンスターの効果が発動した時、または通常魔法・通常罠カードの発動時にこのカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
その効果は「相手フィールド上の魔法・罠カード1枚を選んで破壊する」となる。
●このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
お互いの手札を全て持ち主のデッキに戻してシャッフルする。
その後、それぞれデッキに戻した枚数分だけドローする。

ブラックホールやハーピィの羽根箒などのようにメインに入る強力なカードの効果を書き換えられるのも強みだと考えます。

ターリアとは別にもう1体用意する別のモンスターですが、同じく妖精伝姫のシラユキなら墓地に送ってもシラユキ自身の効果でまた場に戻ってこれるので、比較的相性が良いと考えます。

ターリア 全体考察

「手札のモンスターを特殊召喚する効果」と「通常魔法・通常罠の効果を書き換える効果」の2つの効果は決して弱い効果ではないと思います。

ただ、シラユキほど能動的な効果ではないので他のカードでの補助が必要です。

『ゲーテの魔導書』速攻魔法
自分フィールド上に魔法使い族モンスターが存在する場合、自分の墓地の「魔導書」と名のついた魔法カードを3枚までゲームから除外して発動できる。
このカードを発動するために除外した魔法カードの数によって以下の効果を適用する。
「ゲーテの魔導書」は1ターンに1枚しか発動できない。
●1枚:フィールド上にセットされた魔法・罠カード1枚を選んで持ち主の手札に戻す。
●2枚:フィールド上のモンスター1体を選んで裏側守備表示または表側攻撃表示にする。
●3枚:相手フィールド上のカード1枚を選んでゲームから除外する。

表側表示と裏側表示の両方の表示形式を変更を兼ね揃えた速攻魔法の『ゲーテの魔導書』が相性が良さそうですが、そのためには魔導書を紡い必要が出てきます(´・ε・`)ムムム

せっかく『妖精伝姫』シリーズが魔法使い族なので、いっそ魔導書に組み込んだ構築も面白そうですねb

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございましたφ(^ー^)ノ

関連記事

【遊戯王 カード考察】『妖精伝姫-シラユキ』

【遊戯王 カード考察】『妖精伝姫-カグヤ』

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメント

  1. ぼーの より:

    妖精伝姫の中でも、ターリアが一番悩ましいカードだと思っています。
    手札からの特殊召喚に特化するなら、見習い魔笛使いという選択肢もありますからね。
    リバース効果を最大限活用しようと思えば、手札に上級モンスターを持ってくるような構築などが考えられますが、攻守が逆だったら良かったなと思います。

    • フルハ より:

      >>ぼーのさん

      ちょっと悩みますよね^^;

      なるほど、見習い魔笛使いですか!
      用途に寄ってどちらを取るか変わりそうですがそっちも良さそうですね!

      う〜ん、悩みますw
      コメントありがとうございましたφ(^ー^)ノ