【遊戯王 カード考察】『妖精伝姫-シンデレラ』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

最後は「レイジング・テンペスト」に収録された『妖精伝姫-シラユキ』です。

スポンサーリンク

『妖精伝姫-シンデレラ』考察

効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1850/守1000
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
お互いにこのカード以外のフィールドのモンスターを魔法カードの効果の対象にできない。
(2):1ターンに1度、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から装備魔法カード1枚を選んでこのカードに装備する。
この効果で装備された装備魔法カードはエンドフェイズに持ち主の手札に戻る。

シンデレラ効果①

相手だけでなく自分のモンスターも魔法カードの効果対象にできなくなるのが難点。

しかし、相手がHEROなら『マスク・チェンジ』が使えなくなるので、そういう相手になら効果を発揮しそうです。

速攻魔法
(1):自分フィールドの「HERO」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを墓地へ送り、
そのモンスターと同じ属性の「M・HERO」モンスター1体を
エクストラデッキから特殊召喚する。

他には「ユニオン格納庫」「十二獣の開局」「メタルフォーゼ」などの対象に取る効果の発動が使えなく出来ますねb

シンデレラ効果②

魔法カードを1枚捨てるだけで、手札、デッキ、墓地とあらゆる場所から装備魔法を装備できます。

相性の良さそうなカードとしては、「月鏡の盾」・「妖刀竹光」+「黄金の竹光」・「ワンダーワンド」などがあげられます。

シンデレラ 全体考察

あらゆる場所から装備魔法を持ってこられる効果によって、数枚の装備魔法を使いまわすデッキ構築と、フィールドのモンスターを魔法カードの効果の対象にできなくする制圧効果。

最近、竹光のコンボが話題になっているようですが、制圧効果の方は今後出るテーマによっては強力なメタカードとしてデッキに積まれる日も訪れるかもしれませんねb

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございましたφ(^ー^)ノ

関連記事

【遊戯王 カード考察】『妖精伝姫-カグヤ』

【遊戯王 カード考察】『妖精伝姫-シラユキ』

【遊戯王 カード考察】『妖精伝姫-ターリア』

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. 通りすがりの より:

    (1)の効果は自分が使ってる時でも良く忘れてしまいます・・・
    メタとして運用するというのもアリですね!

    • フルハ より:

      >>通りすがりさん

      あまり使う機会がなくて僕もうっかりしてしまいますw
      個人的にはこういう行動を縛る効果は何かあった時に高騰しちゃったりするので集めておこうと思っていますb

      コメントありがとうございましたφ(^ー^)ノ