その他に作ったセイクリッド5

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

一昨日のユウシの考察で、ユウシを採用したAFセイクリッドをまわしてみたくなったので作ってみました。

スポンサーリンク

AFセイクリッド(微炎星) デッキレシピ

AF炎星セイクリッド02

[ad#co-1]

ええ、フレシアと落とし穴セットは結局抜けて、御前試合に置き換わりました()

昨日の記事でも少し触れましたが当初は

ユウシ1枚、天キ2枚、天枢1枚、フレシア1枚、時空の落とし穴1枚、奈落の落とし穴1枚、狡猾な落とし穴1枚でやっていました。

まわしているうちに、ユウシの効果で、天キAと天枢までいって、さらに天キBをサーチするという場面が何度もやって1回しかなく、天キと天枢を1枚ずつ使ったところで、戦闘破壊されたり、役目が終わってそのままランク4の素材になることが多かったので、天キAがまず抜けました。

次に抜けたのが、狡猾の落とし穴です。罠が多めに入っているので死に札として抱えて発動するのに至らなかったり、発動タイミングがあってフレシアを作ろうとしてもフレシアが無効を食らったりと、狡猾を使うタイミング自体がもう詰んでいるパターンがほとんどだったので、試行から外しました。

・「カウストと天キ」所持状態

天キ→ユウシサーチNS→ユウシ除去効果→ダメージ→ユウシサーチ効果→天枢サーチ→天枢効果で手札のカウストNS→エクシーズ。

・「ユウシと天枢or天キ」所持状態

天枢効果ユウシNS→ユウシ除去効果→ダメージ→ユウシサーチ効果→天キサーチ→天キ効果でカウストサーチ後にNS→エクシーズ。

上記の動きでフレシアを作って返しのターンに備えていて、悪くはありませんでしたが、ペンデュラムを使わずにマストカウンターを打たされ、効果を使い終わったフレシアがその後のペンデユラムで出て来たモンスターに退かされる場面も予想以上にあって、微妙なラインでした。

先日考えうる限りでは、それが一番の候補であった為、別の方法を考えることにしました。

ここで、フレシア落とし穴セットが抜けて、その枠に御前試合が2枚入りました。

大量のモンスター展開を抑える&先出しされたモンスターも退かせるとなると、御前試合ですね。

フレシアのデッキから落とし穴を使える効果は、伏せ除去で割られる心配もなく手札にそれを持っていなくても良いという点も、魅力的ではあったのですが^^; リターンが大きく拘束力がある方をとりました。

サウブレのギミックを入れていた時は属性が揃わない為、メインに入れていませんでしたが、よくよく考えると天キと天枢の効果を使い、カウストのサーチまで行っていれば、もうユウシの役目は終わっています。

なので、御前を伏せてターンを渡して、相手がエクシーズする為にモンスターを展開して来たところで御前を張ります。

ユウシ自体はそのターンでドクロバッドジョーカーなどに戦闘破壊されるでしょうが、もう役目は終えていますし、これで光属性の召喚ができるようになります。仮にユウシが生き残った場合でも、ユウシの効果で自身を破壊して退かすことも出来るので、あまり不自由しません。

ユウシの他にAFやプレアデスなどがいる場合も同じタイミングで御前を張って、相手のモンスターとユウシを流してあとは光属性を展開していく流れになります。

[ad#co-1]

ブラックホールの枠の部分ですが、当初は先日赤っ恥をかいた()幻獣の角→ジュラゲド→ブラックホールという流れになりました。

ユウシでダメージを取る為のものとお考え下さい。

もし、他にこっちのカードの方が良いのでは? というカードがあれば、コメント欄でもtwitterでもDMでも構いませんので

是非教えて頂ければと思います^-^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク