その他に作ったセイクリッド4

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

EMAFセイクリッド デッキレシピ

AFEMセイクリッド 
ついにカウストも2枚になり、ソンブレスも1枚に……。
これは、EMAFセイクリッド(多分)。

どなたかHATみたいにアナグラムで格好良い名前お願いします(笑)
構成パーツがAFよりも少なくなっています。
EMIFもIFの部分が少ないですし、ねえ?w

クラウンブレードなどの出張を試しているうちに、EM出張セットなるものを見つけて試しているうちにこうなりました。(苦笑)

ソンブレスの効果は一回使えればいいや、下手すれば使う機会がないんじゃないかというレベル。

サーチが多い為、いつも入れるライオウはサイドです。
基本先行を取ります。

ドクロバッドジョーカーかモンキボードでのスタート後にセイクリッドをP召喚してツクヨミを作り、さらにバックを増やすのがコンセプトになります。

ドクロバットジョーカーもモンキボードもない場合、セイクリッドの召喚連打のツクヨミで手札を交換して無理やり動いたり、それも出来ない手札の場合はAFで相手の初動だけ止めて、次に繋げるという感じです。

ピン指しのペンマジは基本的にランク4に使い、墓地に待機させておいて、相手ターンのエンドフェイズにリビングデッドの呼び声で蘇生して、自分のAFを割りながら、EMサーチに使ったり、スケールに張って下級モンスターの打点を上げるのに使ったりします。

あとは、セイクリッドとAF成分のお陰で相手の先行ルーラーに少し強い点と、混ぜ物をしているので、1セット目でどの成分かが露呈しないことがあり、2セット目でもそれが対策されない状態で望める点が使っていて面白かったです。

EMやクラウンブレードのギミックを入れる前は、魔装戦士ドラゴディウスを出張させていた時期もありました。

ドラゴディウスはセイクリッドを知っているプレーヤーが相手だと、2体エクシーズの際を狙われるので、下級で何とかしようと思った際に入れたカードです。

グレディやポルクスのサーチや相手モンスターの攻守半減、手札のAFを墓地に送るのに使ったり、使い終わった炎舞天キをプレアデスで戻して、Pスケールのドラゴディウスのコストで捨てたりと用途は広かったのですが、環境が早くなるにつれ抜けてしまいました。

新規カードが出ないので代替品として汎用性があったり、出張パーツとして使えそうなものを取り込むのを良くやります。

そうした環境の変化で抜けていった汎用性の高いカードや出張パーツもを、今度まとめて紹介したいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク