AFセイクリッド デッキ考察と対策

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

セイクリッドを使っての考察

※結構各地のセイクリッド使いの方々とお話する機会があるのですが、人により構築やプレイングプランなど考え方が違うので、あくまで私見になりますので、これらは一例としてお考え下さい^-^

セイクリッドはエクシーズがテーマのデッキなので(北斗君早く復活して!!)、2体のモンスターを使って1体のエクシーズモンスターを立てるのが基本であると共に、ネックにもなります。最近は採用が少ないようですが、2体並べた時に激流葬などを踏んで1-2交換されるのが非常に痛いです。これを解決するカードとして、1枚で汎用性があって場持ちが良い、または後続をサーチするカードなどが挙げられますね。ex)ライオウ、ハルベルトなど

特にライオウは、相手のサーチを封じて、自身をリリースすることでチェーンに乗らない特殊召喚を無効にするのに加え、レベル4で光属性でオネスト対応、打点も下級では高いのでかなり相性が良いと思います。

あとは、特有の召喚権を増やすというポルクスのルール効果ですね。召喚ルール効果なのでヴェーラーは効きませんし、先張りされなければ、スキドレも効きません。

エクシーズ先をよく狙われるので、下級と手札誘発(増殖するG、オネスト)やAFなどを使って相手の目論見を外すことを大切にしてゲーム構築をしています。下級に使っても下級のモンスターが残るようなカードを相手に切らせる動きをするのが良いですね。成功すると、環境デッキ相手にもアド差を付けて勝つこともありますが最近ですと、永続罠を使って相手の動きを封殺する永続プランでスギッチさんが結果を残していますね。

AFとの相性

統一してレベル5光属性でカウストとの相性も良く、プレアデスに繋げやすいですね。

バックとして伏せた物が妨害としても機能しつつ、モンスターに置き換わるので、その伏せを剥がそうと相手が動いてきたのをAF特有の効果で相手のテンポを崩して自分のターンには置き換わったモンスターを攻めに使ったり、相手のエンドフェイズに相手の伏せたカードを剥がして、自分のターンに安全に動けるというのが使い心地が良いです。ムーブメントや神智が相手に破壊された時に発動する効果も良いですね。ここまで書いて自分で気づきましたが、かなり相手の目論見を外すという「番外戦術」に重きを置いてデッキを構築・プレイグしているので、こういったカードが大好きですw

そして、AFのようにカードプールに存在して、それが入っているデッキであるということが相手の認識にあることが既に心理的にアドだと思っています。魔法罠としてセット出来るというだけで相手に圧力を与え、プールに存在するというだけで駆け引きを成立させてくれるかなり好きなテーマです。カドケウス挟んだドロー効果はかなり気持ち良いですね。

AFがあると相手が分かると、AFではない伏せがAFに見えてきます。人はメリットを取るよりも、デメリットを割ける行動の方を多く取るので、他のカードを混ぜ込んで安全度が高い状態で伏せることが出来ます。

[ad#co-1]

サイドの組み方

上記の理由でセイクリッドの枚数がどんどん減っていき、AFも入ったりと、割とメインの状態からその時の環境に合わせて、デッキにカードを入れやすいので、サイドはそれを補う感じで作っています。CSに出るようになるまで、あまり永続プランを使う環境で遊戯王していなかったので、よくピン刺しのカードとか入れてしまいますねw

苦手な動き

・上記の通り駆け引きに重きを置いてプレイしていますが、相手の尻に火が付いた状態だと、そもそも駆け引きが成立しません。相手のリクスとリターンをうまく天秤にかけて、相手のリソースをギリギリまで吐き出せるプレイングを念頭に置いているので、エクストラターン突入などの時間的猶予、相手の手の読み違えによる相手が突っ張るしかない状態になってしまっている、などの状態になるとプランが崩壊します。

・相手が動かない。

上と同じく、相手のしてくることが分からないと手札によってはそのまま倒せることもありますが、こちらも動き辛いです。先行ライオウ召喚+残りのAF関連カード4伏せしてターンを渡したときに、相手が一切動かずにドローゴーしてきたり、同じく4伏せなどをして来たりするとかなりキツイです。

このAFの伏せに対する、同数またはそれに近い枚数の伏せで返されると辛いというのはgaspardさんの記事にもAFについての基本部分で書かれていますので、是非ご覧ください。

ムーブメントは自身の伏せを割って展開にも使うカードであるため、手札にもよりますが実は相手のバックに使い辛い場面が多かったりします。(ex ベガルタ+ムーブメントの2伏せに対して、相手が2伏せなど

なので素引きしたAFと相手の伏せを一緒に割れるダブルサイクロンや、手札の不要カード(確実に墓地に送ってリビングデッドで蘇生を目論むAFやソンブレスの為の墓地コスト)を切って相手の伏せを2枚割れるツインツイスターは個人的には入れたいカードです。

・先行で高打点モンスターを立たせるorその連発
モラルタを使えば一枚で対処できるのですが、連発されると2枚以上カードを使わないと対処できなくなるので苦しい盤面になります。

帝とか結構辛いですね。

[ad#co-1]

最後まで読んで頂き、ありがとうございます^-^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク