【遊戯王カード考察】《D-HERO ディバインガイ》効果考察

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは。

2016年8月6日発売の『ブースターSP-デステニー・ソルジャーズ-』収録の『D-HERO ディバインガイ』についての考察です。

遊戯王GXにてエドが使用していたカードが10余年の時を経てOCG化しました。

関連記事:【遊戯王】D-HEROのデッキを現在のカードプールで再構築

関連記事:【遊戯王】D-HEROのデッキを現代のカードプールで再構築:第2段

スポンサーリンク

『D-HERO ディバインガイ』効果考察

D-HERO ディバインガイ

効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1600/守1400
「D-HERO ディバインガイ」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃宣言時に、相手フィールドの表側表示の魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、相手に500ダメージを与える。
(2):自分の手札が0枚の場合、自分の墓地からこのカードと「D-HERO」モンスター1体を除外して発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

(1)の効果について

攻撃宣言時に、相手の場の表側表示の魔法カード1枚を対象として破壊し、500ダメージを与える効果

こちらの効果は、名称縛りどころかターン1の制限がなく、ディバインガイが複数体場にいると攻撃する度に発動することが可能です。

永続魔法・フィールド魔法・装備魔法・Pスケールなど表側の魔法カードを割っていくことが可能です。

攻撃力1600と決して高い攻撃力ではありませんが、自分のターンに使える「D-HERO ダイナマイトガイ」で攻撃力2600のアタッカーになったりとや相手ターンに使える「D-HERO ダガーガイ」で攻撃力2400で迎撃したりと攻撃力上昇効果により、上級のモンスターとの戦闘も補うことが出来ます。

ペンデュラムも頻繁に使われるようになった最近の環境ですと、Pスケールの破壊はかなり有益な効果と考えられます。

バーンの500ダメージも地味ですが、ETやEDに入る前にダメージを稼ぐことが出来ます。
メインデッキに入るカードでバーン効果が付いているというのは、効果だけでは地味に見えますが、ゲーム全体の流れを通して考えると有効な効果です。

(2)の効果について

手札が0枚の時に、墓地の他のD-HEROと一緒に除外することで2ドローする効果

名称のターン1と送られたターンには発動できないという制約がありますが、それを考慮しても2ドローは強力です。

「デステニー・ドロー」「D-HERO デバインガイ」とD-HEROのドローカードが一気に充実しましたね。手札の消費が激しいD-HEROにとってはかなり嬉しいカードです。

D-HEROが全て闇属性なので、「闇の誘惑」の採用も考えられます。
「D-HERO ディアボリックガイ」の除外や「闇の誘惑」、「D-HERO ディバインガイ」自身の除外コストの支払いなどにより、「大欲な壺」も入ってきそうです。

その他にも最近流行りの「強欲で貪欲な壺」と今後のD-HEROはドロー系カードで大量にドローすることで、手数を増やし出来ることも多くなります。「先攻であまりすることがない」という不安要素も改善されるのではないでしょうか。

このカードにより、ディスクガイはもう戻ってこない気配が濃厚になりましたね。

相性の良いカード

D-HERO デッドリーガイ

デッドリーガイ

融合・効果モンスター
星6/闇属性/戦士族/攻2000/守2600
「D-HERO」モンスター+闇属性の効果モンスター
「D-HERO デッドリーガイ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札を1枚捨てて発動できる。
手札・デッキから「D-HERO」モンスター1体を墓地へ送り、自分フィールドの全ての「D-HERO」モンスターの攻撃力はターン終了時まで、自分の墓地の「D-HERO」モンスターの数×200アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

Vジャンプ9月号応募者全員サービスの『20th ライバル・コレクション』に付属したカードの1枚です。

手札を1枚コストに、さらに手札・デッキから「D-HERO」モンスターを墓地に送り、「D-HERO」全体の攻撃力を上げてくれます。相手ターンにも使用できるスペルスピード2というのもかなり優秀です。

自分ターンだけでなく、相手ターンにも手札を捨てて墓地肥やしが出来るため、積極的に手札を捨てて次の自分のターンにディバインガイの効果の発動に備えることが出来ます。

先攻であまりやることがないD-HEROですが、このデッドリーガイを立てるだけで壁モンスターの確保と次のモンスター展開の補助、墓地肥やしによるデッキ圧縮でドローの質を改善と良いことばかりです。

D-HEROを使っていて時々あるモンスターがダマになるときなど、積極的に立ててディバインガイの効果に繋げていきたいですね。

PSYフレームロード・Ω

サイフレームオメガ

シンクロ・効果モンスター
星8/光属性/サイキック族/攻撃2800/守備2200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
相手の手札をランダムに1枚選び、そのカードと表側表示のこのカードを次の自分スタンバイフェイズまで表側表示で除外する。
(2):相手スタンバイフェイズに、除外されている自分または相手のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを墓地に戻す。
(3):このカードが墓地に存在する場合、このカード以外の自分または相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードと墓地のこのカードをデッキに戻す。

ディバインガイで除外した他のD-HEROやディバインガイ自身を墓地に戻せます。

D-HEROのデッキをこのPSYフレームロード・Ωを出すにはゾンビキャリアとD-HEROディアボリックガイなどの組み合わせが考えられます。PSYフレームロード・Ωが墓地に行った場合には素材に使ったディアボリックやゾンビキャリアなどをデッキに戻して次の展開に備えられます。

デステニー・ドロー

デステニー・ドロー

通常魔法
(1):手札から「D-HERO」カード1枚を捨てて発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

D-HEROを墓地に送って2ドローと、墓地でも発動できる効果を持つD-HEROカードとの相性は抜群です。「D-HERO ディバインガイ」の前は「D-HERO ディアボリックガイ」くらいしか単体で墓地に送っても発動できるモンスターはいませんでしたね。「ディバインガイ」の場合はもう1体墓地にD-HEROがいる必要がありますが、普通にまわしていると次の自分のターンには墓地にもう1体D-HEROを用意するのは比較的容易だと考えられます。

ダーク・グレファー

ダーク・グレファー

効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻撃1700/守備1600
(1):このカードは手札からレベル5以上の闇属性モンスター1体を捨てて、手札から特殊召喚できる。
(2):1ターンに1度、手札から闇属性モンスター1体を捨てて発動できる。
デッキから闇属性モンスター1体を墓地へ送る。

手札にあるディバインガイをコストに墓地に送るだけでなく、他の闇属性を墓地に送れたりととにかく墓地リソースを稼いでくれるカードです。

ダーク・グレファー自身も闇属性なため、デッドリーガイを立てる際のコストにもなってくれます。また、適当な闇属性が揃っていれば召喚権を使わずにディアボリックガイとゾンビキャリアを墓地に送り、PSYフレームロード・Ωに繋げることも可能です。

まとめ

今回は「D-HERO ディバインガイ」の効果についての考察といくつかの相性の良さそうなカードについて上げさせて頂きましたが、今後も相性が良さそうなカードは続報が出次第、ページを更新していこうと思います。

長きに渡りパーツが高い割にそれほど強くないD-HEROでしたが、『ブースターSP-デステニー・ソルジャーズ-』の再録と新規カードによりデッキパワーが引き上げられました。

先攻で従来のマスクHEROのようにダークロウを出すか、SSを繰り返し手札を大量に消費して制圧モンスターを立てるD-HEROでしたが、「D-HERO デッドリーガイ」や「D-HERO ディバインガイ」により展開後の手札の補充が比較的やりやすくなったのと、D-HEROだからこそ出来る動きもあるという差別化もできるようになりました。

個人的には、「融合」をサーチ出来る「E-HERO ブレイズマン」以外にも「D-フュージョン」などがサーチできるカードがあればまた戦略の幅が広がるのかなと思います。僕は罠を使うデッキが好きなので、作るとしたら罠少し多めに積んだD-HEROを作りたいと思いました。

今後もカードプールが増える度に、構築を考えていきたいと思います。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございましたφ(^ー^)ノ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. ぼーの より:

    D-HEROはディバインガイのおかげで組みやすくなりそうですね。闇属性戦士族と、サポートに恵まれやすい種族属性のために、効果は控えめにされてしまっている気がするので、せっかくカッコ良いのだから、使ってみたいです。

    • フルハ より:

      ぼーのさん、コメントありがとうございます。

      以前はかなり闇属性・戦士族などが優遇されていたため、最近出るカードの高価はぼーのさんが仰るとおり冷遇されていましたね
      D-HEROでは下級アタッカーの役割を担ってくれそうですねφ(^ー^)ノ

  2. より:

    (2)の効果でドローできるのが大きいですね。デステニードローとも相性が良いのもgoodですね。
    ドローカード貰えるテーマは嬉しいですね。

    • フルハ より:

      蟹さん、コメントありがとうございます。

      最近のカードらしい良い効果持ってますよねb
      ほんとドローカード貰えるテーマ良いですよねφ(^ー^)ノ

  3. マイジャー より:

    ディバインガイ、いいですよね!
    ちゃんと【D-HERO】でないと真価を発揮できないようにしてあり
    なおかつ産廃でもないというデザイン すきです!

    ……5D’sにも、ディバインさん出てましたよね!w

    • フルハ より:

      マイジャーさん、コメントありがとうございます。

      良い感じに調整されていますよねb

      そう言えば出ていましたね、ディバイン…φ(^ー^)ノ