かなり昔に使っていた型のセイクリッド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

今まで作成して来たセイクリッドのデッキレシピを、PC内に残っているのから挙げていきたいと思います。
第一弾は、魔導征竜時代の少し前に作ったものだったと思います。  

スポンサーリンク


炎星セイクリッド デッキレシピ

デッキ枚数(43枚)
モンスター(19枚)
エフェクト・ヴェーラー×3
セイクリッド・ポルクス×3
セイクリッド・カウスト×3
セイクリッド・グレディ×2
セイクリッド・ソンブレス×3
セイクリッド・レオニス
セイクリッド・シェラタン×2
オネスト
暗炎星ユウシ

魔法(13枚)
サイクロン×3
大嵐
増援
死者蘇生
簡易融合
禁じられた聖槍×3
炎武天キ×3

罠(11枚)
神の宣告
神の警告
奈落の落とし穴×2
次元幽閉×2
大革命返し
リビングデッドの呼び声
強制脱出装置
安全地帯×2

エクストラ(15枚)
発条機雷ゼンマイン
セイクリッド・プレアデス×2
セイクリッド・ビーハイブ
セイクリッド・オメガ
セイクリッド・トレミスM7
ガガガガンマン
輝光子パラディオス
No.106巨岩掌ジャイアント・ハンド
始祖の守護者ティラス
No.61ヴォルカザウルス

サイドデッキ(15枚)
増殖するG×2
マインドクラッシュ×3
D.D.クロウ×2
ライトロードハンター・ライコウ
冥府の使者ゴーズ
聖なるバリアミラーフォース×2
デッキロック×2
ドロール&ロックバード×2

かなり昔のなので記憶の範囲になりますが、レオニスはポルクスやグレディの代わりに使用してゼンマインを出したり、そのまま墓地コストにして使う為に1枚だけ採用してみました。

その前は代わりにフォトンスラッシャーをピン刺ししていて、ガン伏せする相手に対して様子見で入れていたのですが、今思うと簡易融合を抜いてフォトンスラッシャーで良かったと思います。

フォトンスラッシャー特殊召喚→これで神宣や警告の有無の確認。その後の召喚反応系の罠の有無の確認。 これが通った場合→ポルクスを通常召喚で上記の確認を再度します。

ポルクスに神宣や警告を打たれたら、そのままフォトスラで攻撃します。
打たれなかった場合はフォトスラとポルクスでセイクリッドオメガになって再度上記の確認をします。
神宣や警告を打たれた場合、ポルクスの召喚が通っているので、ソンブレスを召喚してまたエクシーズまで持っていったりしました。
2体のモンスターを立てて、1体のエクシーズモンスターを立てるセイクリッドは、エクシーズ先を召喚無効やフリーチェーンでの除去が兎に角痛いので上記のような、石橋を叩くような確認の連続と少しずつバックを剥がすことで、なんとかエクシーズまで持っていっていました。

この頃は確か、フォトスラが手札で腐ることが多かったので、抜いてレオニスを試していた時のレシピですね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました(^^)

スポンサーリンク