海外のセイクリッド事情

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

新弾でセイクリッドに入りそうなカードの考察や組み合わせを考えている際に時折、変わったカードの投入を求めて海外のセイクリッドのレシピを見に行ったりしています。

レギュレーションが違うので、向こうではサンダーボルトが普通に入っていたり、増援が3枚入っていたりw

最近の日本のセイクリッドではあまりメインに採用されなくなったユウシがまだ現役だったりと、日本とのレシピの違いがありますが、現在も海外でもセイクリッド使いは存在するようです。

そこで、今回は2015年から最近までの気になった海外のセイクリッドの構築や動画を紹介していきます。

・セイクリッド対戦動画1

[ad#co-1]

動画の序盤でいきなりオメガxyzで星痕により3枚ドローしてます。
こういう動画見ると星痕でのロマンを求めて、星痕入れたセイクリッド作りたくなりますねwワン・フォー・ワンでシェアトをデッキから持ってくるの面白いです。

・セイクリッド対戦動画2

[ad#co-1]

こちらも星痕が入ったセイクリッドですね。
途中に銀河戦士が入ったタイプのものもあります。
3本目はシェラタンを入れた純セイクリッドですが、彼岸に勝ってますね。
4本目は上級のセイクリッドも入れたタイプで、「カードアドバンス」を使用しています。
5本目は、魔術師が入ったペンデュラムをするタイプのようです。

ペンデュラムで出すエスカを出して、さらに後続に繋げていく流れ強いですね。
ドクロバッドジョーカーなどEMを出張させるのは試したのですが、魔術師はまだ試せていないのでやってみようと思います。
そして忘れた頃に出てくる「セイクリッド・テンペスト」ww

動画の最後にレシピが出ていますが、個人的には魔術師セイクリッドの構築が気になるところです。

・セイクリッド対戦動画3

[ad#co-1]

こちらはAFセイクリッドですね。

個人的には海外の方はドローカード大好きという認識があるのですが、ドロー効果を持つカドケウスを入れたAFのデッキはあまり見かけません。

羽根箒がないので、カドケウスを挟んだ大量ドローの場面があまりなく、自己要因になるのかもしれませんね。

その代り「成金ゴブリン」が3枚積んでありますがw

下手にシナジーを見越して混ぜ物をするより、デッキを圧縮することでテーマカードをひき込んで回していくということなのでしょうか。

・まとめ

海外ではライオウが制限なので、メインでの投入があまり見られない代わりに、セイクリッドの量が多くなっており、ポルクス・カウスト・グレディ・ソンブレスが全て3積みのレシピが結構多いです。

残念ながら海外でのセイクリッドの入賞は見つけられませんでしたが、

「セイクリッド・テンペスト」や「ティンクル・セイクリッド」、ペンデュラムなど比較的新しいカードを投入して回している方もいるので、今後も新弾のカードなどが出るたびに情報を集めていきたいと思います。

今回紹介した海外のセイクリッドのレシピの調べ方は、youtubeやGoogleで「yugioh constellar deck」、「yugioh artifact constellar」などを検索ワードに、日付を最近からフィルターをかけて調べています。

環境は違いますが、日本のレシピだけでなく時々海外のレシピを見ていると、変わったカードや面白い動きをしたりして、新しいアイディアに繋がったりします。

今回は「constellar」の部分を自分が普段使っているデッキ名を海外表記にして、自分が使ってるデッキが海外ではどう使われているのか調べてみるのも面白いかもしれませんねb

最後まで読んで頂きありがとうございました(^o^)

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 海外のセイクリッド事情 1 […]