【遊戯王 カード考察】『メタバース』の使い方 応用編:疑似和睦! コンバットトリック、各種メタにも!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

新弾が発売され、数日が経ちました。

今回久しぶりに考察するのは、「CIRCUIT BREAK」収録の「メタバース」の使い方についてです。

すでに裁定で、「フィールド魔法のカードの発動時にデッキからカードをサーチする効果は処理されない」という裁定が出ております。

でも、まだ使い方はありました。

それでは、さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク


「CIRCUIT BREAK」収録「メタバース」カード考察

「メタバース」通常罠

(1):デッキからフィールド魔法カード1枚を選び、手札に加えるか自分フィールドに発動する。

デッキからフィールド魔法カードを1枚手札に加えるか、自分のフィールドに発動する最近のテキストの長さからするとシンプルな通常罠です。

自分のターンにしか使えない「テラフォーミング」と比べ、一拍速度が遅い「メタバース」ですが、通常罠であるということが利点にもなりました。

それは、自分の好きなタイミングでフィールド魔法をデッキから発動できるという点です。

つまり、自分のターンは勿論のこと相手のターン中にも、相手の意表を付いてフィールドのモンスターをフィールド魔法の影響下におけます。

個人的に好きな組み合わせが下記になります。

バトルフェイズに「チキンレース」を発動

「チキンレース」フィールド魔法

(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、相手よりLPが少ないプレイヤーが受ける全てのダメージは0になる。
(2):お互いのプレイヤーは1ターンに1度、自分メインフェイズに1000LPを払って以下の効果から1つを選択して発動できる。
この効果の発動に対して、お互いは魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
●デッキから1枚ドローする。
●このカードを破壊する。
●相手は1000LP回復する。

「相手よりもLPが少ない場合、プレイヤーが受けるダメージを全て0にする」という効果。

相手よりもLPが少ない状態になる必要はあるものの、その後のダメージが全て0になるため「メタバース」で相手ターン中に「チキンレース」を発動することで、擬似的な「和睦の使者」なってくれるため受けるダメージが0になります。

メイン2で相手にチキンレースの効果を使われるというデメリットもありますが、「メタバース」を2枚使って別のフィールド魔法に上書きするか、相手が「チキンレース」のいずれかの効果を使った場合は1000LPを削ることができたとも考えられます。

攻撃中に発動でコンバットトリック

攻撃宣言時に、デッキから「攻守を増減させる」効果を持つフィールド魔法を発動することで、コンバットトリックとしての活用も可能です。

こちらはそのデッキごとに入るカードがあるかと思いますが、最近使っている「星杯」デッキの例で言うと、「星遺物との邂逅」を戦闘を行う時に「メタバース」を使ってデッキから発動するという使い方です。

「星遺物との邂逅」フィールド魔法

(1):フィールドの「星杯」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
(2):1ターンに1度、自分フィールドの表側表示の「星杯」モンスターが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、自分の墓地の「星杯」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

「星遺物との邂逅」の場合、攻守の増強の他に非破壊時に蘇生を使うことで、場にモンスターを戻すという守りにも使える効果になっています。

(「星遺物-『星杯』」で相手を牽制したり、「星杯の妖精リース」で後続をサーチしたりと状況に応じた使い方ができますb)

あとがき

デッキから好きなタイミングでフィールド魔法をサーチしたり、発動できる「メタバース」についての考察でした。

これからフィールド魔法のカードも増えるとさらに使い方が拡がっていくカードです。

投入枚数は、2〜3枚といったところでしょうか?

現在、僕が使用している「星杯」には「メタバース」3枚と「チキンレース」1枚、「星遺物との邂逅」が1枚、そして「KYOUTOUウォーターフロント」2枚が入っていて、その場に応じてフィールド魔法を使い分けています。(メタバースの枚数が2枚と3枚を行ったりきたりです^^;)

今回紹介した「チキンレース」や「攻守増減系のフィールド魔法」の他にも、まだまだ使い方がありそうです。

もし、「こういう使い方があるよ!」という方がいらっしゃいましたら是非教えて頂ければと思います。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました♪

関連記事

今回紹介した使い方の他にも、「メタバース」の効果的な使い方について書かれていたブログさんがありましたので、ご紹介させて頂きます。

「メタバース」効果テキスト 通常罠 ①:デッキからフィールド魔法カード1枚を選び、手札に加えるか自分フィールド&

「DJみーくん@遊戯王日記」さんでは、アドバンス召喚メタとしての使い方も紹介されていました。ぜひ御覧ください(*^^*)

スポンサーリンク

コメント

  1. あああ より:

    クローラーデッキ限定ですが、星遺物に差す影がいいと思います。
    バトルフェイズに発動すればかなり使えると思います。

    • フルハ より:

      >>あああさん

      コメントありがとうございます(*^^*)
      なるほどですね!
      攻守の増強だけでなく、戦闘を行った相手モンスターを墓地に送るのは強力だと思いました!

  2. big5 より:

    テラフォと使い分けできるので
    フィールド魔法を多数入れてメタバースで選択肢がうまれるのは面白いですねw
    ピンチの時のバトルフェイズにチキンレースは良さそうです。

    • フルハ より:

      >>big5さん

      サーチと発動までこなしてくれるのが、準制限になったテラフォーミングと差別化がされていてますねb
      コメントありがとうございました(*^^*)

  3. 匿名 より:

    似たような使い方だったら岩投げえやマグネットフィールドなんか相性良さそうですね。

    • フルハ より:

      >>匿名さん

      なるほど!! 墓地肥やしとバウンスですね!?
      墓地肥やしもそうですが、バウンス効果も強力ですねb
      岩石族の縛りがありますが、匿名さんは「磁石」デッキを使われている感じですかね?
      コメントありがとうございましたφ(*^^*)ノ